葉酸サプリの選び方6ポイント|不妊症に効果的で安全なのは?

不妊効果の高い葉酸サプリの選び方

 

葉酸サプリは、ドラッグストアで安く売ってるけど、どんな工場で、どんな品質基準で作られているか分からないものばかり…(汗)

 

危険な原料や添加物を使って、安全性を考えず作られたサプリは「毒」です。妊娠に逆効果になるから、安くても買ったら損します。

 

そこで!葉酸サプリを使って出産した私が、効果的で安全性の高い「おすすめ葉酸サプリ6つの選び方」をお話します。

 

推奨量400μgの過剰摂取しない葉酸サプリ

 

厚労省は、妊娠を予定している女性に「1日400μg」の葉酸を推奨しています。逆に「1日1000μg以上」は過剰摂取だとしています。

 

1日分のサプリに、どれぐらいの葉酸が入っているか、ちゃんと明記してるサプリがおすすめ。過剰摂取の対策をしていることを宣言した商品が理想ですよ。

 

放射能とセシウム検査をした葉酸サプリ

 

葉酸に不妊の改善効果があっても、使われている原材料が「放射能やセシウムまみれ」だったら、その葉酸サプリは「毒」です。

 

実際、精子と卵子に放射能を照射すると、受精後すぐに化学流産することが、実験で分かっています。また、放射能は胎児を奇形にするリスクがあるから流産を促します。

 

もちろん、放射能やセシウムを、やたら恐れることはないです。でも、サプリの中に、放射能やセシウムが入ってないか検査されてた方が、安心なのは間違いないですよね^^。

 

無添加または安全な添加物を使った葉酸サプリ

 

正直、安いサプリほど添加物がいっぱいです。やっぱり、添加物や合成の原料は、オーガニックよりもコストが安いからですね。

 

もちろん、全ての添加物が危険ではありません。ポイントは、私たちが普段食べている「一般食品」に使われている添加物なら安全だということです。

 

実際、みかこママがおすすめする葉酸サプリの中には、「合成の葉酸」と添加物を使っている「AFC葉酸サプリ」があります。

 

でも、一般食品に使われる添加物だけで作られているのを確認できたから紹介しています。そこらへんの怪しい葉酸サプリじゃないので安心ですよ^^。

 

関連記事:AFC葉酸サプリの添加物は安全なの?

 

鉄分とカルシウムが入った葉酸サプリ

 

妊娠率&出産率を上げるには「血液の状態」が最も重要です。だって、卵巣や子宮の働きや、ホルモンバランスまで、すべて「血液」が担っているから。また、胎児に栄養を送るのも血液です。

 

葉酸には「造血効果」があります。それに加えて、血液に欠かせない「鉄分」が補給できる葉酸サプリが、不妊改善に抜群です。

 

また、「カルシウム」は、不妊症の大敵であるストレスの緩和や、赤ちゃんの発育に必要です。つまり、鉄分とカルシウムが入った葉酸サプリを選びましょう。

 

ビタミンB6とB12が入った葉酸サプリ

 

葉酸は、ビタミンB6とB12を一緒に補給することで効果が高まると言われています。

 

特に「ビタミンB12」は、葉酸と一緒に「赤血球」を作る働きがあるので大切。ビタミンB6を補給しておけば「つわりや妊娠中毒症」も防止できます。

 

安全性が認められた工場で作られている葉酸サプリ

 

日本では、サプリメントの品質基準があいまいで、アメリカよりも遅れています。そのため、どんな工場で作られているか分からないサプリが出回っているんです。

 

そこで、みかこママは、医薬品に行われている「GMP基準」に合格した葉酸サプリを選んでいます。厳しい基準で有名な「FDA(アメリカ食品医薬品局)」に合格した商品も安全です。

 

以上、6つのポイントが「安全で効果的な葉酸サプリの選び方」です。「安いから」でサプリを選ぶと逆効果です。価格だけで選ぶなら、買わない方が良いと思いますよ^^。

 

>> 成功率を上げる6条件を満たした「理想の葉酸サプリ」はどれ?