葉酸サプリで不育症が改善|流産を繰り返す不安がある方へ

流産を繰り返すのは嫌

 

流産を2回以上繰り返したら「不育症(習慣性流産)」と判断されます。ただし、不育症と診断された方でも、出産している人は沢山います。なので過度な心配はいりません。

 

でも、流産を繰り返すと心も体も疲れますし、次の妊娠で元気で赤ちゃんを授かりたいですよね。そこで、不育症の改善に欠かせないのが「葉酸」なんです。

 

葉酸が不育症を改善する「エビデンス(根拠)」はこうです。

 

不育症の原因は、受精卵の異常と着床障害

 

不育症の原因とされる症状はいっぱいあります。でも、その症状があっても出産することは普通にあります。なので「この症状があるから不育症で出産はムリ」とは断定できないんです

 

ただ、不育症の原因を大きく分けると2つ。それは「受精卵の異常と着床障害(着床が続かないこと)」です。特に、全流産の60%以上は「受精卵の異常」が原因です。

 

つまり、この2つを改善することが、流産を繰り返すリスクを下げ、出産率を上げる答えです。そして、これら不育症の改善におすすめなのが「葉酸」です^^。

 

@ 葉酸は、受精卵の異常を改善する

 

受精卵の異常を改善する答えは、卵子と精子の質を上げることです。卵子と精子が不健康だと、先天性異常や染色体異常の確率が上がって、流産を繰り返しちゃうから。

 

葉酸には「精子の染色体異常を軽減する効果」があることが、世界中の医療機関から報告されています。

 

受精卵の質は、男女で50/50を担っています。つまり、精子の質を上げるだけでも、不育症のリスクは大きく下がります。

 

ちなみに、卵子の染色体異常を改善する「直接的な効果」は報告されていません。でも、葉酸に、卵子の質を上げる働きがあるのは否定できません。その理由はこうです^^。

 

葉酸は、卵胞の発育を良くする!

 

葉酸が、卵胞の発育環境を良くすることが、オランダの医療機関「University Medical Center」が報告しています。

 

卵胞が成熟することで「排卵」が起こります。つまり、卵胞の発育が悪いと、排卵がうまくできず、良質な卵子が作れないんです。

 

つまり、卵胞の発育が良くなることは、卵子の質が向上し、染色体異常のリスクも下がると考えられるわけです^^。

 

葉酸とビタミンB12の同時補給で、卵巣と子宮が元気になる

 

葉酸はビタミンB12と「赤血球」を作る働きをします。つまり、造血と血行促進の効果があるってこと。これによって、全臓器の働きが良くなり、卵巣と子宮が元気になります。

 

卵子を作るのは「卵巣」です。つまり、卵巣が元気になれば、卵子の質を上げることができます。そのため、ビタミンB12も同時に補給できる葉酸サプリがおすすめです。

 

葉酸は、子宮を健康にして着床障害を改善する

 

不育症のもう一つの原因は、着床が続かず流産することでしたね。着床を継続させるのは「子宮のお仕事」です。つまり、子宮を健康にすることが必須になります。

 

葉酸には、子宮内膜を強化する効果があることが分かっています。また、葉酸は子宮がんや子宮頸がんを予防する効果も報告されており、子宮の環境を良くすることが分かっています。

 

さらに、葉酸とビタミンB12の造血作用によって、子宮の働きが元気になります。不育症の治療に「冷え性対策」をするのも、血行と不育症は深く関係するからです。

 

葉酸が不育症を改善する根拠(まとめ)

 

不育症の本質的な原因は「受精卵の異常と着床の失敗」です。つまり、この2つを改善できれば、習慣性流産は防止できます。

葉酸が不育症を改善するワケ

 

・精子の染色体異常を軽減(精子の質が向上)
・卵胞の発育を良くする(卵子の質が向上)
・子宮内膜を強化する(着床率が向上)

 

アメリカは、妊娠計画中の女性に葉酸を「義務化」しています。日本でも厚労省が薦めていて、母子手帳に書いていますが、まだまだ認知されてない状態です…。

 

世界中の医療機関から効果が証明されているので、流産を繰り返すのが不安な方、次の妊娠で必ず赤ちゃんがほしい方は、葉酸サプリを活用しましょうね^^。

 

>> 不育症リスクを軽減する!最も効果が高い葉酸サプリはどれ?