妊娠前の葉酸サプリはいつから飲むべき?効果的な摂取量は?

葉酸サプリはいつから飲むと効果があるのでしょうか?

 

妊娠前の葉酸サプリはいつから飲むと効果的だと思いますか?結論はズバリ「早ければ早い方が良い」です。

 

葉酸は薬ではなく、食品にも含まれている「栄養素」です。なので、長期服用が悪影響になることはありません。長く摂取するほど「健康な母体」を作ってくれます。

 

私たちの体は、日々食べている「食事」によって作られています。そのため、栄養状態が悪いと母体の状態も悪くなります。

 

家と同じで、悪い材料で作ると、すぐに老築化して壊れます。つまり、日々の栄養補給が、年齢よりも母体を若くすることも可能です。妊娠率も上がるワケです。

 

関連記事:妊娠前の葉酸サプリの効果はすごい!

 

葉酸サプリは、遅くても「妊娠1ヶ月前まで」に飲むべき理由

 

厚労省は、遅くても「妊娠の1ヶ月以上前」から葉酸サプリを摂取することをすすめています。この理由は、先天性異常の胎児を予防するのに有効だからです。

 

繰り返しますが、葉酸は妊活女性にとって大切な栄養素なので、早ければ早い方が良いです。ですが、最低でも妊娠1ヶ月前までには飲む習慣をつけましょう^^。

 

葉酸サプリの効果的な摂取量は?食べ物で補給できる?

 

葉酸サプリの摂取量

 

葉酸の推奨摂取量は「1日400μg」です。これは、ほうれん草400グラム(2束分)です。食べ物だけで補給するのが大変なのが分かりますよね?

 

しかも、食品に含まれている葉酸は「水溶性ビタミン」のため、ちょっと加熱するだけで約半分が消えてしまいます。つまり、ほうれん草4束が必要です…(汗)

 

かなりの大食いで、野菜や果物を毎日しっかり食べている人には、葉酸サプリメントは不要でしょう。でも、そんな人ってほとんどいませんよね?

 

また、妊娠に成功した後は「つわり」で悩まされることもあります。

 

つわりになると、本当に食欲がなくなるため「慢性的な栄養素不足」になりがちです。せっかく妊娠しても、栄養不足で流産リスクが高まったら残念ですよね。

 

そういう意味でも、葉酸サプリは妊活女性を助けてくれます。みかこママは、1回目の体外受精に失敗してから葉酸を知ったので、早く知った人は本当にラッキーだと思いますね。

 

葉酸サプリの効果的な飲み方まとめ

 

妊娠前の女性に効果的な、葉酸サプリメントの摂取量と摂取時期は以下です。

・1日に400μgの葉酸摂取が効果的。
・葉酸サプリは早ければ早いほど効果がある。
・先天性異常の予防のため妊娠1ヶ月前には飲む。
・葉酸の必要量は食べ物だけで摂取するのは難しい。

葉酸サプリは「栄養のかたまり」なので、胃腸がもたれることがあります。なので「食後30分以内」に飲むことをおすすめします。食後の方が吸収効率も上がるでしょうし。

 

あとは、妊娠後に「つわり」でサプリが辛いときは、一気に飲もうとせず小分けにして飲めば問題ありません。ゼリーやヨーグルトと一緒にツルンと飲めば簡単ですよ^^。

 

>> 妊娠率アップに最も効果がある葉酸サプリメントはどれ?