葉酸が初期流産を予防!胎児の染色体異常と先天性異常

葉酸サプリで初期流産の防止は可能?

 

実は、全流産の80〜90%が妊娠初期の流産です。で、初期流産の原因は、ほとんどが「染色体異常と先天性異常」なんですよ。

 

染色体異常と先天性異常の違いを簡単にいうと、染色体異常は「ダウン症」の原因になるもので、先天性異常は「奇形」の原因になるものです。

 

これらの異常が表れると初期流産になって、出産は失敗に終わることがほとんどです。でも、まれに出産することがあり、それがダウン症や奇形児の赤ちゃんになるわけです。

 

そこで、初期流産の予防として注目されているのが「葉酸」です。

 

葉酸で、染色体異常と先天性異常の予防できるのか?初期流産のリスクを下げるのはホントなの?みかこママが、世界の研究報告をもとに検証しますね^^。

 

葉酸が、先天性異常を防止するのは常識です

 

初期流産の原因の一つ「先天性異常(奇形児)」を防止するのは有名で、世界中が認めている常識です。厚労省が葉酸を推奨するのも、これが理由なんです^^。

 

アメリカの研究によると、葉酸の摂取で、胎児の先天性異常が70%も軽減されたとか。イギリスでも72%軽減、オーストラリアでは75%軽減と、すごい結果が出てるんですよ。

 

これをきっかけに、アメリカやカナダでは、パンやパスタに葉酸を混ぜることが義務化されました。現在イギリスでも検討されています。(日本は遅れ気味…汗)

 

つまり、葉酸を飲んでおけば、胎児の先天性異常が防止でき、初期流産の確率が下がるのは本当なんです^^。

 

葉酸では、染色体異常は防げないって聞いたけど…

 

葉酸ではダウン症は防止できない?

 

初期流産のもう一つの原因で、一番気になるのが、赤ちゃんをダウン症にする「染色体異常」ですよね?

 

今までは、葉酸では染色体異常は予防できず、ダウン症とは無関係と言われてきました。なので、多くのサイトでは「葉酸ではダウン症は防げないよ」と書かれています。

 

しかしです!2003年に「葉酸でダウン症は防止できる」という発表が「医学誌ランセット」でされたのです。

 

医学誌ランセットっていうと権威のない小さな雑誌だと思うかもですが、世界中の医師が読んでいる医学書なんです。その証拠は以下です^^。

 

葉酸がダウン症を防止する研究結果

 

(上の画像はクリックすると大きくなりますよ♪)ランセットに書かれていることを簡単に説明するとこうです。

 

今までは、先天性異常と染色体異常は、まったく別の症状で無関係と思われていました。しかし、実験によって、二つは直接的に関係があることが分かったのです。

 

研究によると、先天性異常が起こった家族では、染色体異常も起こりやすいのが確認できたとか。で、先天性異常を防止する葉酸は、染色体異常にも効果があるという結論になったのです。

 

もちろん、先天性異常の予防効果ほど、はっきりとした効果は分かっていません。でも、染色体異常を防止する効果が確認できたのは事実。じゃあ、使わない理由はないですよね^^。

 

葉酸で初期流産が予防できる理由(まとめ)

 

・初期流産は「染色体異常と先天性異常」が主な原因。
・葉酸は、先天性異常リスクを70%も防止できる。
・葉酸が、染色体異常も予防できることが判明。

 

葉酸は、パパとママのDNAを正常にコピーして、赤ちゃんに伝える効果もあります。これも常識になりつつあります。ここからも、奇形やダウン症の予防効果が分かりますね。

 

葉酸は他にも出産率を上げる効果をいっぱい持っています。また、おすすめの葉酸サプリには、妊活に大切な栄養が全て配合されています。

 

もう一度言いますが、流産の9割近くは初期流産です。妊娠前、または妊娠直後から葉酸を補給することがどれだけ大切か、もうお分かりだと思います^^。

 

>> 初期流産を防止する!元気な赤ちゃんを育てる葉酸サプリはどれ?