子宮内膜を厚くするサプリメント|子宮内膜が薄い不妊なら葉酸

子宮内膜を厚くしたい

 

子宮内膜が薄いと妊娠率が下がります。子宮内膜が厚くならないのは「卵胞ホルモンの分泌」が悪いからです。

 

ちなみに、子宮内膜が薄いのは「黄体機能不全」が原因って言われますよね?

 

でも、子宮内膜を厚くするのは「卵胞ホルモン」で、その後に分泌される「黄体ホルモン」は、卵胞ホルモンに比例して良くなるって言われてます。

 

つまり、子宮を厚くするには「卵胞ホルモンの分泌を良くすること」が大切なんです。

 

葉酸は、子宮内膜を厚くするサプリメント

 

子宮内膜を厚くする葉酸サプリメント

 

実は、葉酸で卵胞の発育が良くなることが、オランダの医療機関が報告しています。卵胞の発育が良くなるってことは、卵胞ホルモンの分泌が活発になると考えられます。

 

この研究報告は、体外受精に励む37人の女性の結果です。さらに、葉酸を摂取した女性だけ、受精卵の成長が良くなって、元気な双子が産まれる確率が上がったそうですよ。

 

その他にも「胚や胎児の細胞生成」を良好にして、元気な赤ちゃんが育ちやすくすると、世界中が報告しています。

 

・・・話を戻しますね^^。

 

卵胞の発育が良くなるってことは、卵胞ホルモンの分泌が活発になって、子宮内膜が厚くなるってこと。結果、黄体ホルモンの分泌も元気になります。

 

黄体ホルモンの分泌が良くなれば、黄体機能不全の改善はもちろん、胎児が育ちやすい「フカフカの子宮」ができあがります。

 

なので、葉酸は子宮内膜を厚くして、妊娠と出産の成功率を上げると言えます。

 

近い将来、葉酸の摂取は「義務化」されるかも?!

 

実は、アメリカやカナダでは、葉酸を小麦粉製品に入れることを「義務化」しています。イギリスでも義務化が検討されているとか。

 

これは、葉酸が妊娠しやすい母体を作ること、健康な胎児を育てること、子宮頸ガンなど「子宮の健康」に貢献することが分かっているからです^^。

 

厚労省は「母子手帳」で葉酸の摂取をすすめていますが、いずれ日本でも義務化されるかも知れませんね。葉酸の妊娠効果は「世界の常識」になりつつあるってことです。

 

葉酸が、子宮内膜の薄い不妊に効果がある理由(まとめ)

 

葉酸が、薄い子宮内膜を厚くするメカニズムは以下です。

卵胞の発育を良くする(卵胞ホルモンの活性化)

卵胞ホルモンが活性化されるため、良質な排卵が起こる

黄体ホルモンの分泌が良くなり、ふかふかの子宮内膜になる

質の高い卵子と、着床しやすい子宮が期待できる

 

このような「妊娠しやすいサイクル」が、葉酸によって叶います。もちろん、葉酸は薬のような効果はありませんよ。でも、あなたの健康は「栄養」によって作られていることを忘れてはいけません^^。

 

>> 排卵と子宮内膜が良くしたい!あなたが選ぶべき葉酸サプリはどれ?